Mehr

Final Program Report テンプレート (英語)

€59.00 *

VAT込み、送料込み

すぐにダウンロード可能

Menge
  • OYS102700
  • Method aaP
対象組織。... その他
商品情報 "Final Program Report テンプレート (英語)"

対象組織。
プログラムのテンプレートとして、プログラム最終報告書を必要とする組織や機関、または独自のプログラムメソドロジーを構築していて、このテンプレートを使って既存のメソドロジーをより充実したいと考えている組織や機関。

詳細:
プログラムが終了時には、必ず最終報告書を作成し、プログラムが達成したすべての成果とその目的を文書化した上で、保管しなければなりません。この報告書には、将来のプログラムに役立つ重要なプログラム関連情報が含まれています。また、この文書は、プログラムの管理者に関連情報を提供するために使用することもできます。このテンプレートは最終段階に完成するけれども、重要な情報が忘れ去られないように、プログラムの全期間を通して徐々に作成させるべきです。信頼できる情報源としては、プログラム憲章、会議の議事録、リスク登録、主要な監査やレビューからの情報がソースとして利用できる。プログラムが正式に終了する前に、プログラムマネージャーがチームなどの主要なステークホルダーと成果とノウハウをレビューする会議を開催することはよくあることである。これもまた、このテンプレートに含めるべき重要な情報になります。

ページ数。
30ページ以上。

グローバルデリバリーモデル。
このテンプレートはこちらで購入し、ダウンロードしてすぐに使用することができます。実際のMicrosoft Wordテンプレートが入った暗号化されていないZIPファイルとして提供されますので、解凍後すぐにご利用いただけます。

国と言語の対応状況。
グローバル (言語: 英語)

著作権について。Microsoft および Microsoft Word は Microsoft Corp.の登録商標です。

リンクが次に転送: "Final Program Report テンプレート (英語)"
利点。

  • このプログラム完了報告書は、組織内のプログラムから得られたすべての重要情報やデータが、構造化的な方法で記述され、保存されている。そのため、このような重要情報がこのテンプレートにより網羅することができます。
  • この最終報告書テンプレートは、PMI®の「The Standard for Program Management」の内容ガイドラインに沿って作成されているため、優れた品質が保証されます。

前提条件

  • プログラムで実際に使用される、もしくは既存または新規のプログラム管理メソドロジーの一部として、最終プログラム報告書テンプレートが必要となります。
  • ZIPファイルを解凍するソフトウェアが必要です(例。Microsoft Windows 10)。
  • テンプレートを使用するには、Microsoft Wordが必要です。

参考文献。
PMI®に準拠したPgMP®認定プログラムマネージャーとして、様々なプログラムでこのテンプレートを使用しています。

著作権について PMI、PgMPはProject Management Institute, Inc.の保護された商標であり、Microsoft、Microsoft Windows、Microsoft WordはMicrosoft Corp.の登録商標です。

説明。
このテンプレートはここで直接購入して、ダウンロードしてすぐに使用することができます。

コア・オファリング。
テンプレートの方式で最終プログラム報告書の提供。構造(目次を参照)に加えて、各章には、既製のテキストおよび/または必要なテーブルのテンプレートおよび/またはさらなる情報が含まれています。

目次をご覧ください。

  • 1. Purpose
  • 2. Template Guideline
  • 3. Key Information
  • 4. Strategic Objectives
  • 5. Program Benefits Delivered
  • 6. Program Participants
  • 7. Stakeholder Management
  • 8. Summary of Program Metrics
  • 8.1 List of Metrics
  • 8.2 Earned Value Metrics
  • 8.3 Financial Management
  • 8.4 Planned vs. Actual Resource Usage
  • 8.5 Team Management Approaches
  • 8.5.1 Team Management Metrics
  • 8.5.2 Rewards & Recognition Systems
  • 8.6 Charter Effectiveness
  • 8.7 Organizational Metrics
  • 9. Program Risks & Issues
  • 9.1 Ex Ante Identified Program Risks
  • 9.2 Ex Ante Unidentified Program Risks
  • 9.3 Program Issues
  • 9.4 Escalated Risks & Issues
  • 10. Baseline Changes
  • 11. Interfaces
  • 12. Communication
  • 12.1 Communication Methods incl. in Communications Management Plan
  • 12.2 Communication Methods not incl. in Communications Management Plan
  • 12.3 Program Final Report Recipient
  • 13. Supplier Performance
  • 14. Program Decision
  • 15. Terminations
  • 15.1 Contract Terminations
  • 15.2 Component Terminations
  • 16. Program Acceptance
  • 17. Benefits Transitioned
  • 18. Lessons Learned
  • 18.1 Program
  • 18.2 Program Management Processes
  • 19. Knowledge Repository
  • 20. Approvals
  • 21. Appendix
  • 21.1 Glossary
  • 21.2 Copyright Notices and Disclaimer


OYSTEC
Next-Gen
Experience
2D/3D Digital Underground Map Scanning Service 2D/3D Digital Underground Map Scanning Service ご請求により提供いたします
OYSTEC
Sourcing
Experience
OYSTEC
Innovation
High Tech
OYSTEC
Qualified
Experience
クレームマネージャーの提供 クレームマネージャーの提供 ご請求により提供いたします
OYSTEC
PgMP© Certificate
Quality
プログラムマネジメント研修会 プログラムマネジメント研修会 ご請求により提供いたします
Method aaS
Method aaS
Experience
Method aaS
Method aaS
Experience
OYSTEC | Analytics
Method aaG (PDF)
Compact